中性脂肪が多いと何が問題になるの?

中性脂肪とは血液の中に含まれる脂肪のことで、血液中の中性脂肪が多いと動脈硬化の原因になります。

 

動脈硬化とは動脈が硬くなる症状のことで、動脈が硬くなると血管が狭くなって血液が流れにくくなり、心臓病や脳出血などのリスクが高まります。

 

よく血液がドロドロになると言いますが、動脈硬化になると血の巡りが悪くなって血液がドロドロになり、健康に悪影響を及ぼします。ドロドロの血液をサラサラの血液にするためには、血液中の中性脂肪を減らすことが必要になります。

 

血液がドロドロ

 

中性脂肪と健康の関係を説明すると、中性脂肪が多いと動脈硬化になり、脳梗塞や心筋梗塞などの命に関わる病気になるリスクが高くなります。

 

大動脈瘤破裂になるリスクも高まりますので、突然死をすることもあります。腎不全や腎硬化症などの腎臓病を患う恐れもありますので、人工透析治療を受けることが必要になるケースもあります。

 

中性脂肪が多いと何が問題!?

血液中の中性脂肪が多くなると皮下脂肪も増えるため肥満の原因になり、肥満症になると糖尿病を患うリスクが高まります。糖尿病になると合併症を誘発し、重症化すると壊死した足を切断するなど、深刻な状態になってしまいます。肥満症はさまざまな病気の原因になるだけでなく美容の大敵でもあり、美貌を損ねる原因にもなります。

 

健康診断でTG値が高いと診断された場合は、動脈硬化のリスクが高まっていますので、健康のために対策を講じることが必要です。

 

TG値は生活習慣を改善することによって数値を下げることができ、早ければ1ヶ月から2ヶ月でTG値を下げることができます。

 

TG値を下げるには食生活を改善することが必要で、肉の脂身を食べることは控えるようにします。とんかつや焼肉は脂身が多いので、TG値が高い人にはおすすめできません。鶏肉は脂身が少ないので、鶏肉は食べても大丈夫です。TG値が高い人は肉よりも魚を食べるのが良く、特にサバやイワシなどの青魚はTG値を下げる成分のDHAとEPAが含まれていますので、青魚を食べることはTG値を下げることにつながります。

 

魚料理が苦手な方は、DHAとEPAが配合されているサプリメントがありますので、サプリメントを摂取することもTG値を下げることに貢献します。サプリメントを摂取するとTG値が下がりますので、ドロドロの状態の血液がサラサラになり、動脈硬化を予防する効果が期待できます。

 

それと同時にウォーキングなどの有酸素運動をすると動脈硬化の予防に役立ちます。

 

 

シボガードのトップページを見る

中性脂肪の上昇を抑えるシボガードの効果と口コミ・評価、通販の最安値情報は当サイトトップページで紹介しています。
サイトトップページもご覧ください。