中性脂肪を下げる方法について

以前は中性脂肪と動脈硬化の関係は、はっきりとしたことが判っていませんでした。しかし近年では、その影響が明らかになっています。

 

血液中の中性脂肪が過剰になると、善玉コレステロールを減らしたり、悪玉コレステロールを小型化してしまうことが判ってきました。小型化した悪玉コレステロールは、通常サイズのものよりも血管壁にこびりつきやすくなります。そのため、超悪玉などとも呼ばれています。

 

このような、何かとタチの悪い中性脂肪を下げる方法には、次のようなものがあります。

 

食べ過ぎないようにすること

特に脂質の摂り過ぎや炭水化物の摂り過ぎはダイレクトに影響します。

 

アルコールの摂り過ぎに気をつけること

アルコールは適量ならOKですが、この適量の解釈が人によって非常に色々で、中には毎日5合の飲酒でも「そんなに飲んでないよ」などと平然と言う人もいるので驚きます。
適量とは、日本酒で1合、焼酎なら2分の1合、ビールなら1本分です。女性はこれよりも1割ほど少な目です。そして週に1回は飲まない日を作ってください。

 

運動すること

運動と言っても、わざわざフィットネスクラブに通うまで無理をしなくても大丈夫です。
有酸素運動が効果的ですので、ウオーキングや早歩きなどでもOKです。1駅手前で降りて、早足で歩くなどが手軽にできるでしょう。少し汗ばむ程度の運動を毎日30分ほど行うのが理想的です。
なかなか時間が取れないと言う人は、テレビを見ながらその場で足踏みや駆け足をするだけでも全然違います。

 

また、サプリメントを使ってみたいと言う人は、シボガードというサプリがあります。
シボガードは、ターミナリアベリリカ由来のポリフェノールが含まれています。ターミナリアベリリカの果実は、インドの伝承医学である、アーユルヴェーダで使われているハーブの一つです。

 

シボガードの効果を調べるために、42名を被験者として開始し、スクリーニングに参加できなかった人や途中脱落者を除いて、最終解析者34名では、次のような結果となっています。
高用量を使用した人は2時間後に、低用量を使用した人は2時間毎4時間後に中性脂肪の数値が有意に低値となりました。

 

シボガードは中性脂肪の数値を、約53%下げると言われています。

 

中性脂肪を下げる方法

 

しかし、栄養素や体内の仕組みは、たった一つの栄養素で働くのではなく、他の色々な栄養素や体内の仕組みと複雑に絡み合って働きます。

 

やはり基本は、バランスの取れた食生活習慣や、適度な休養、適度な運動です。
これらをベースにして、補助的にシボガードを使うのが、上手な使い方です。

 

 

シボガードのトップページを見る

中性脂肪の上昇を抑えるシボガードの効果と口コミ・評価、通販の最安値情報は当サイトトップページで紹介しています。
サイトトップページもご覧ください。